消費者金融@Web

消費者金融@Web -消費者金融比較ポータル-

ネットで借りれる消費者金融・カードローン

来店不要でネットでお金を借りる

 

お金の借り入れを行ったことのある方であれば『キャッシング』という単語を耳にしたことがあるでしょう。キャッシングとは銀行カードローンや消費者金融でお金を借りることのできるサービスのことで、無担保・無保証で利用することができます。

 

「どうしてもすぐにお金が必要になった」など急ぎの際にもキャッシングサービスを活用する事ができます。

 

申し込みは基本的に銀行カードローンや消費者金融が運営するサイトから申し込み手続きを行い、審査を受ける形になります。自宅や職場などから簡単に申し込みが可能で、さらに24時間いつでも手続きを行うことができますので、大変便利なサービスと言えるでしょう。来店不要で借り入れができるのでネット経由からキャッシングサービスを利用する人は年々増加しています。


人気の消費者金融・カードローン一覧

ネットから申し込み。来店不要で借り入れできます。

限度額

年率

無利息期間

申込

三菱東京UFJ銀行カードローン
10万〜500万
主婦:30万以内
学生:10万以内
4.6%〜14.6% なし 公式
三井住友銀行カードローン
10万〜800万 4.0%〜14.5% なし 公式
じぶん銀行カードローン
10万〜800万 2.4%〜17.5%
※auユーザーならさらにお得
なし 公式
オリックス銀行カードローン
最高800万 3.0%〜17.8% なし 公式
東京スター銀行カードローン
10万〜500万 4.5%〜14.6% なし 公式
プロミス
1万〜500万 4.5%〜17.8% 30日間
※1
公式
アコム
1万〜500万 4.7%〜18.0% 30日間 公式
モビット
1万〜800万 3.0%〜18.0% なし 公式
新生銀行カードローン レイク
1万〜500万 4.5%〜18.0% 30日or180日
※2
公式
アイフル
1,000円〜500万 4.5%〜18.0% なし 公式

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※2 30日間無利息または5万円まで180日間無利息

利用できる人と申込みについて

基本的に「満20歳を満たしており、安定した収入を得ている方」であれば審査を通過することができると言われておりますが、審査基準は各金融機関(銀行や消費者金融)によって異なります。

 

「安定した収入」とありますが、正社員だけでなくアルバイト・パートタイマー・派遣社員・臨時職員の方でも申し込みすることができ、自営業・自由業の方でも安心してご利用いただくことができます。

 

また、配偶者が職に就いており安定した収入を得ているのであれば、銀行カードローンの場合は収入を得ていない専業主婦(主夫)の方であっても申し込み可能となるケースがあります。(※消費者金融系は不可)

 

申し込みの方法は各キャッシング・カードローン会社のHPから申し込みをします。申し込み画面では連絡先・勤務先・収入・家族構成などの必要事項を入力し、情報を送信します。

 

キャッシング業者から確認の電話・メールが早くて当日中・翌日には来ることと思います。その際には申し込み意思の確認や、借り入れ限度額・融資の可否などについても説明がありますので、内容を控えておくと良いでしょう。

 

正式な契約書類は後日封書にて郵送されてきますので、必要事項の記入を確認のうえ、本人確認資料のコピーを添えて返送します。これらの契約手続きが無事完了すると、業者側からキャッシングカード・契約書控え(その他書類)一式が送られてきます。

 

今すぐお金を借りたいという即日融資を希望の場合は無人契約機などに必要書類も持って出向いて必要な手続きを行うとその日にお金を借りる事ができます。


返済方法について

下記のような返済方法がありますので、ご自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

■指定された銀行口座への振込み
■ATMからの送金(自社ATM・提携ATMなど)
■口座振替
■店頭窓口での支払い
■コンビニエンスストアのレジ・マルチ端末で支払い
■現金書留による送金

最近ではATMによる返済を可能とした業者が多いようですが、中には方法を限定している所もあります。事前に相談・確認を取るようにしてください。ATMを利用した返済は簡易であるため一番手軽ですが、“手続き可能なATM”が近辺にない場合は逆に大変になってしまいます。

 

自宅や勤務先周辺など送金可能なATMがあるかどうか、
お金を借りる前に一度確認しておきましょう。

 

借りすぎに注意

キャッシングサービスは基本的に無担保・無保証人で借りられるということから、年々利用者は増加しており、実際大変便利なサービスです。しかし注意していただきたいのが、「借り入れを行っていることを忘れてはいけない」ということです。

 

借りたものは必ず返さなければなりませんし、業者から借りた場合には必ず金利が生じます。銀行カードローンと比べて特に消費者金融の金利は高いことも多いため、借り入れ期間が長くなればなるほど負担も大きくなるのです。

 

融資を受ける際は“最低限必要な額だけ”“どうしても必要な期間内”に留めて借り入れるようにしましょう。以前TVコマーシャルでも放送されていましたが「ご利用は計画的に」、まさに計画的に返済していくことこそが借り入れの一番重要なテーマだと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ